重曹歯磨き、こどもの歯磨きに使っても大丈夫?

重曹は、シンクや油の汚れをとったり、洗濯物の漂白効果などさまざまな場面で活用することができます。
その効果は生活に活用するだけではなく、歯磨き粉の代わりとして虫歯予防や歯周病予防効果のほかホワイトニングの効果が期待できるとされています。
しかし、間違ったやり方で行なってしまうと歯を傷つけてしまう恐れがあるためこどもの歯磨きに使うのは避けた方が無難です。
重曹を使った歯磨き粉のやり方としては、重曹の粉大さじ1を容器にいれ、その中に数滴水を入れたらかき混ぜて、歯磨き粉ほどの粘りになるようにし、できたものを指に取って歯につけて馴染ませます。そのまま10分程度放置したら、歯ブラシを使って優しく歯を磨き、終わったら口を良くすすぎます。このとき力を入れて磨いてしまうと歯が傷ついてしまうため、なるべく柔らかい毛先の歯ブラシで、優しい力で磨くことが大切です。
頻度は週一回程度が適切だとされています。
どうしてもこどもに重曹歯磨きを行ないたいという場合には、重曹で行なううがいがおすすめです。普通に歯を磨いた後に100cc程度の水に重曹を小さじ半分ほど加えて完全に溶かしきってから約30秒ほどうがいをする方法です。
こどもに与える場合には、水を誤って飲まないように注意することが必要となります。飲み込んでしまうため、塩分過多になる恐れがあります。
また、食用のほかに工業用のものがありますが使うものは食品添加物の重曹を利用する事が大切です。引用:自宅でホワイトニングできる人気の歯磨き粉はどれがいい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です